実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
平塚の砂丘列めぐり=2 
こんにちは、チャコです。

CHAKO133j.jpg
雨が降ると、ブラウスのローテーションが…。

先週、レンゲちゃんに誘われて行ってきた、

平塚の砂丘巡りの続報です。

平塚市内に残された、数少ない砂丘のひとつが、八幡山です。

八幡宮とその裏山で、西側が公園になっています。

公園系の階段が、ぽつぽつあります。
wwDSCF0174.jpg
こちらは、プラットホーム状の階段です。

国旗掲揚とか、なにかのセレモニーで使うのでしょうか?

テツの先輩が目を輝かせそうな、駅っぽい建物にも見えます。

ジェンガのようにコンクリートが組まれた平和慰霊塔もありました。

平塚の空襲は、このあと行った博物館でも資料展示してありました。

この北側には、海軍の火薬廠が広がっていました。

あの、ノーベルさんが興した会社も一枚からんでいたとか。

米軍にとっては、絶好の攻撃材料…といいますか、

実際には、工場には焼夷弾があまり落ちなくて、

かなりの数が、民家や商店に落ちたそうです。

「工場は、敗戦後に日本から接収して、連合国で使えるよね」って

それが本当なら、火薬廠は、ただの言い訳だったのかもしれません。

そうそう、慰霊塔でした。

慰霊塔の裏にも、こんな階段がありました。
wwDSCF0175.jpg
wwDSCF0176.jpg
右と左に分かれて、対照的に配置してありました。

正面はスロープで、砂丘独特の滑らかな稜線を味わえます。

八幡山公園の北側斜面には

こんな緩い階段がありました。

wwDSCF0179.jpg
wwDSCF0180.jpg
踏面が広く、蹴上が低い、公園ならではの緩さです。

中央に、タイル3枚幅の点字ブロックがあって、

ハンディのある方たちにも配慮されています。

けど、

この低い階段でしたら、

点字ブロックの部分を、スロープにできたような気がします。

もっとも、行政がしっかり考えた結果、この形になったのでしょうから、

スロープにできなかった深いわけがあるのでしょう。


あ、明日も学校+就活かぁ。

ふと、「就活留年」「大学院」って言葉がよぎるチャコでした。
未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
平塚の砂丘列めぐり=1
こんばんは! 明日から学校&就活のチャコです。

CHAKO133j.jpg

レンゲちゃんに誘われて、平塚の博物館に行きました。

はじめはあまり興味がなかったのですが、

熱心に誘ってくれるので。

というか、チャコのこと、心配してくれているんだよね。

ありがとうね。

平塚は

東西に、砂丘列が並んでいます。

一説によると、13列もあるとか。

かなり北側、左岸でいうと宮山駅とかあたりまで

北のほうに列を作っています。

だけど、だけど

海軍火薬廠とか、空襲とか、戦後の復興とかで

削られたり、埋められたりして、

ぺったんこな街にしてしまいました。

と、ここまでが、レンゲちゃんに教わった基礎知識です。

レンゲちゃんが作った陰影図を引用します。
陰影


平塚駅北口から

まっすぐ北に向かいます。

本当は平塚駅が砂丘上にあって

東海道・国道1号が砂丘の谷間、堤間低地にあります。

藤沢宿もそうですが、

東海道の宿って、低地に作るのがすきですよね。

現在は、かなり埋め立てられて削られて

砂丘や低地がはっきりとわかりません。

階段もありません。

梅屋というビルの間から北に延びる道は

八幡大門通りという表参道なのですが、

すっかりおとなしくなってしまって・・・・・・・・。


qqDSCF0130.jpg

そのうえ、

国道1号のバイパスを渡れなくなっていました。
qqDSCF0132.jpg

八幡さんは涼しい森が残っていて

砂丘もうねりがわかるように残っていました。

池の水はたぶんポンプアップでしょうが、

昔は湧水があったのかもしれません。

そして、階段も。

こちらは、弁天さんへの階段。
wwDSCF0140.jpg
ただし、弁天さん自体はこの後ろ側

チャコのお尻のほうに遷座されていました。

こちらは、竜の吐水口へ登る階段です。
wwDSCF0141.jpg
砂丘ですよね、この緩やかさ、この砂。

wwDSCF0146.jpg
後ろの柵の向こうは、付属幼稚園です。

神社の社の裏山もありましたが、立ち入り禁止でした。

そのくらいでなくては、街中で砂丘など残せないのでしょう。

wwDSCF0152.jpg

神社の脇には、こんな洋館が移築されていました。
qqDSCF0150.jpg
移築といっても、遠くから運んできたのではなくて、

すぐ近く、このあたりの工場地帯から持ってきました。

ゴム工場の建物だったのですが、

ゴム工場の前は、このあたり、海軍の火薬工場でした。

化学つながりで、火薬工場からゴム工場になったりしていたら

工業地理学っぽくておもしろいのですが、

チャコの目的は工業ではないので

…おあとがよろしいようで

…調べるのが面倒くさいだけじゃん。
wwDSCF0151.jpg
洋館では、レンゲちゃんと一緒に

鹿鳴館ごっことかしていて

「子爵様にお会い遊ばせ、おほほほほ」なんて

気分、ずいぶん晴れたよ。ありがとう、レンゲちゃん♥
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
めだかの学校
おはようございます。チャコです。

リクルートスーツ、夏服買っちゃいました。
CHAKO133j.jpg

とうとう実家の地元の市役所にまで手を拡げて

採用試験にチャレンジです。

rqrqDSCF0014.jpg
どこかにコネがないのかなあって

親戚じゅうを探したんですけど、

市議会議員さんも、消防署長さんも、営林署長さんも

何のコネもなくて…。

rqrqDSCF0015.jpg
市役所の階段です。

けやき通りスタジオの横です。

小田原駅への帰り道、ちらっと。

市役所の近くには「荻窪用水」が流れています。

もとは、早川の水です。

灌漑だけでなく、登山電車の発電にも使われていたとか。

「めだかの学校」の着想を得たのも、

この用水だとか、いわれています。

このあたりは谷筋ですから、水が豊富で

こんな階段もあります。
rqrqDSCF0017.jpg
路地裏に、水路があって、階段があるなんて

ステキな景色です。

勾配が急すぎて、水がただ流れるだけ、というのが

残念といえば、残念です。

ちなみにこの水は、箱根生まれの荻窪用水の水ではなくて、

生粋の小田原産の水です。

脇道に入って、足柄街道を陸橋で渡ります。

その脇の階段です。
rqrqDSCF0024.jpg

陸橋を渡ってしばらく行くと

法授寺さんというお寺がありました。

日蓮宗です。南無妙法蓮華経。
rqrqDSCF0025.jpg

はるか、相模湾もみえました。
rqrqDSCF0027.jpg

小田原城も見えます。
rqrqDSCF0028.jpg
手前のお墓(地図マニアさんなら「かん地」ですよね)は

別のお寺さんのお墓です。

お寺の前には、階段付きキャベツ畑がありました。
rqrqDSCF0029.jpg
トラクター、入れるの大変そうですね。

キャベツ畑からも、お城が見えます。
rqrqDSCF0030.jpg

そのまま駅のほうへ下ります。

足柄街道へと降りる階段の上3段の始末です。
rqrqDSCF0032.jpg

下3段には、こんなイラストも。
rqrqDSCF0033.jpg

平坦地でじっくり見ると、こんなふうです。
rqrqDSCF0034.jpg
小鳥かな?イルカかな?

北原白秋ゆかりの歌詞でしょうか?

♪イルカはとっても歌が好き~

久しぶりに大雄山線に乗って、実家に帰ろうかな。

でも、内定もらえるまで、実家の敷居が高いなあ。


◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
ありがとうございます。
三人jj

みなさん、拍手ありがとうございます。

888回目の拍手をいただきました。

hakushu.jpg

これからも、見に来てください。

尾花実夏・荻野夏実+河東紗子

未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
河跡湖派
こんばんは! チャコです。
j33_2018041520591747f.jpg
連休返上でリクルートスーツです。

ファブリーズ大活躍!!!

さて

境川の河跡湖を追いかけているレンゲちゃんをさそいました。

「ここにも河跡湖あるよ」って声をかけて

連れて行ったのが、ここです。

qqDSCF9956.jpg

滑り台と並行する

公園系滑り台階段があったり
qqDSCF9957.jpg

堤防に登る階段があったりします。
qqDSCF9958.jpg
つつじの植込みの先は、境川です。

これが、全体図。
qqDSCF9962.jpg
だいだらぼっちの足跡、というよりは

だいだらぼっこちゃんのハイヒールのピン跡

って感じですね。

境川とは反対方向には、こんな微階段もありました。
qqDSCF9960.jpg
微階段の先の歩道の曲がり具合は

鉄道の廃線…ではなく、小川のようなカーブでしょ。

この公園の窪地は、

境川の堤防を整備した時に残された低地でしょう。

むろん、ヘアピンのような蛇行が残された三日月湖ではなく、

支流が合流するところが残されて公園になったのでしょう。

万一の時には遊水地(容積少なそう)になるのかもしれません。

そこまでは、チャコとレンゲちゃんの意見は一致していました。

が、

「チャコ先輩、これを河跡湖っていいません」なんて

「どうして」

「まず、そもそも、水が張ってません」

それなら、ちょっと上流に。

ggDSCF9964.jpg
これならどう?レンゲちゃん。

こんな、いかにも「ザ・後背湿地」っていう

池も隣接しています。

アヤメだかカキツバタだかジャーマンアイリスだか花しょうぶだかも

植わっています。

手前の桜は河津桜です。

ここまで堆積が進むと、

高層湿原と呼んでもいいかもしれません。

ggDSCF9966.jpg
「チャコ先輩、河跡湖の次は

言うに事欠いて高層湿原ですか?

レンゲは認めませんよ」

あら、論破する気??

上等じゃないの。

近くの鵠沼公民館の郷土資料室で、

調べてみましょう。

この日は、郷土資料室に閉館までいて

そのあと、鵠沼海岸駅前のレストランで

夕食を取りながら、喧々囂々侃侃諤諤の議論をしました。

すっごく幸せな時間でした。

こんな日がいつまでも続くといいな・・・・って

いえいえ、就職あきらめたってことじゃないですよ~。
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
<< back | ホーム | next >>