FC2ブログ

実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
渋谷再び~光の射すほうへ♪
あけましておめでとうございます。チャコです。

卒論、なんとか、形にしました。

あとは、推敲して、製本して、7日の10時までに教務課へ!

江の島の観光的地域論、紅白も駅伝も見ないで書きました。

しばらく、江の島は見たくもありません。

scan-003.jpg

さぁて、

すっかり途中で中断していた渋谷巡検の階段巡りです。

東横線の廃線跡の整備の影響か、

鎌倉道のアプローチ歩道も新しい階段ができていました。

かまくらみち
写真上の黒い自動車が通っている道が、

北関東から大船を通って鎌倉に抜ける、鎌倉道です。

そして、白い階段が、

平成末期にできた新しい階段です。

その脇の公園には、

コンクリートでできた四角い舞台のようなものがあって

階段もついていました。

この下に何が眠っているのかは、わかりません。

『東横線、ここに眠る』とか。

謎の盛り土

あ、

恋夏(レンゲ)ちゃんがやってきた!! 

ここよ、ここよ、チャコはここよ❤

ddscan-00255522.jpg

巡検もあとは渋谷駅に行って、解散のようです。

この石は、レンゲちゃんのブログにも書いてあった

「第四紀後期の石灰質礫岩」(笑)です。

第四紀

再開発が進んで、

渋谷川もこんなふうにオシャレに。

渋谷川

・・・てゆうか、不自然ですよね。

すぐ近くに地下水がジャボジャボ流れている武蔵野台地があるのに

わざわざ水道水(?)を引いてきて、湧水を演出するなんて。

東横線の跡にできたビルは、その名も

渋谷ストリーム。

こじゃれた
♪あぁ~ 川の流れのよぉにぃ

 あぁ~ 河馬の名は適当にぃ

それで、このモニュメントが

東横線渋谷駅の壁の名残りだそうです。

眼鏡
テツのセンパイは、

「これだよ、これ。よくぞ残しておいて…」って

興奮気味。

なんか、眼鏡に見えるんですけど。

てゆうか、水着の胸パッドにも見えるんですけど。

おばかな感想を言い合いながら、

チャコは、レンゲちゃんと一緒に地理学会の巡検から離脱しました。

そのあと、ふたたびヒカリエに行って・・・

渋谷ひかりえ
・・・結局、外の景色をずっと眺めていました。

いいじゃん、チャコたち、地理女子だもん。

ヒカリエの窓ガラスに口をつけるようにして

恋夏ちゃんが鼻歌をうたっていました。

♪光の射すほうへ 私を連れていって

 あなたと一緒なら 暗闇も恐くない

 わたしを迎えにきて アンダーパス、くぐって・・・。

恋夏ちゃん、何の歌、それ??





スポンサーサイト
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
<< アブラカダブラ油壷 1)魚の国の脇 | ホーム | ごあいさつ >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| ホーム |