FC2ブログ

実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
渋谷再び~楽をしても苦労苦労
押しつまりましたねえ。チャコです。

scan-003.jpg

道玄坂からまたちょっと危なげな街を通って、

恋文横丁跡だとか、鯨屋さんとか、

なっちゃん御用達の制服屋さんとかをかすめて

ハチ公からモヤイのあたりを通って

桜台とか、再開発エリアを通過して、

鎌倉街道のガードで山手線を超えました。ふう。

ガードの内回り側から、こんな階段が。

プロパティータワー
プロパティータワー

付随しているビルは、「プロパティー・タワー」といいます。

昨日の「E.スペースタワー」もそうですが、

渋谷って、意外と、ネーミングのセンスが・・・。

タワーですか。

プロパティーですか。

ずうっと昔、青函連絡船に初めて

タービンエンジンがついたとき

函館の街では、商号になんでも「タービン」とつけて

カッコつけていたとか。

タービン喫茶、タービン美容室、タービン食堂・・・

なんか、そんなかんじです。

タワーねえ。
プロパティータワー
そのプロパティさんの階段は

横から見ると「へ」の字形の坂になっていて、

頂上は上から見るとT字型になっています。

文字で説明するよりも、写真をご覧ください。

プロパティータワー
プロパティータワー
Tの交差部分がちょうど玄関に当たります。

が、こんな太いパイルがでーんと鎮座ましましています。

プロパティータワー
こんなふうに、味のある階段なのですが、

プロパティねえ。

階段巡りをしていると、トマソン物件にであうことがありますが

クロマティならぬプロパティに出くわすとは。

いやですこと、

おやじギャグが感染してしまいましたわ。おほほほほ。
スポンサーサイト
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
<< 3章まで書きました。 | ホーム | 渋谷再び~弘法の湯 >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| ホーム |