FC2ブログ

実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
渋谷再び~弘法の湯
こんばんは! チャコです

クリスマスは、

女の子同士で心の傷を舐めあう日ですよね。

scan-003.jpg

さてさて、渋谷のディープな部分を通り抜けて、

神泉駅まで来た、チャコたち御一行様です。

というか、チャコとおじさま以外はプロの研究者の皆様で、

日本の地理学の頭脳が集まっています。

チャコだけ、階段だのなんだのと…。

気を取り直して、写真の紹介を。

京王井の頭線は、

神泉駅の手前まで地下を走っています。

ふっと顔を出すところに、階段がありました。
神泉

階段の位置がわかりやすいように

引いた写真も載せますね。

引いた、というと小縮尺というか、広域図というか…。

車両は、テツ分が濃い人への読者サービス!

神泉電車

といっても、このブログの読者で

テツ分の濃い人はあまりいそうもありませんけど。

この近くに、

弘法の湯の石碑がありました。

神泉駅の周りに、ラブホテルがおおい歴史を

ちょっと、物語ってくれます。

そこから再び、渋谷のほうに向かいます。

道玄坂の方向です。

坂を登って、京王線の線路の上あたりに

こんな渋い階段を発見!!!

神泉おく
こういう階段を見ると

どこまでも登っていきたくなります。

登って行っても、道玄坂の上に出るだけなんですけど、

そんな現実的なことを言わずに、

階段を登って、路地を折れて、また階段を…

どこまでも、どこまでも。

現実逃避するチャコです。

卒論…うぁぁぁ、はわわわわわ…。

階段を登らず、

広めの道を進みます。

道玄坂の交番、

というかマークシティーの出口の向かいは

E.スペースタワーという名前で再開発されていました。
再び渋谷
こんな、こぎれいな階段も。

E.スペースタワー・・・ねえ。

無機質な名前ですね。



スポンサーサイト
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
<< 渋谷再び~楽をしても苦労苦労 | ホーム | 渋谷再び~神泉組 >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| ホーム |