FC2ブログ

実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
渋谷再び~青山だいだらぼっち
メリークリスマス! のイブイブイブイブイブ… チャコです。

scan-003.jpg
平成最後のクリスマス、平成最後の天皇誕生日は、

チャコの学生時代最後のクリスマス、天皇誕生日です、

たぶん、きっと、卒業できれば。

学生時代最後の12月のある週末、

なっちゃんと実夏ちゃんがお買い物デートに行っちゃったので、

チャコはレンゲちゃんを誘ったら

「恋夏、お昼までアルバイトなんですぅ」って、断られて、

廉クンと史奈ちゃんは正真正銘のデートだし…。

仕方ないなあ、卒論でも書くか! と

気合を入れたとこに、おじさまからのメール

「渋谷の巡検行かない? 学会の正規の臨地研究会だよ」

って。

虚しすぎます、それ。

でも、のこのこついていきました。

最近のチャコ、被虐趣味なのでしょうか?

×◇×◆×◇×

集合場所は、渋谷ヒカリエ。

なんで、じじむさいおじさま達が、そんなおしゃれなところで…。

とはいうものの、

ステキな地理女子のセンパイも2名いまして、

チャコも、大学院に進路変更しようかな…。

ヒカリエの前にあった仮設階段です。
ひかりえひる
渋谷って、まだまだバブリーですよね。

御嶽神社から宮益坂を登って

青山大学の前に。

ここ、レンゲちゃんが紹介した

鎌倉道の終点です。

北鎌倉、大船を通って、ここまで道が伸びているんです。

ちなみに、終点といっても

江戸時代の大名が道をつぶしてお屋敷を建てたから

終点になっているだけで、

鎌倉時代は北関東にまで伸びていたようです。

いまは、

こんなマルシェがひらかれています。

身土不二
だからぁ、身土不二って

トラックで遠くから持ってきた野菜にはいいませんから。

国連大学の裏、コスモスサウスの中庭です。
青山中庭
寒々とした感じが、いかにも都会の

疑似、似非自然空間ですね。

階段も、無機的です。

「ステンレス電車を最初に走らせたのが、渋谷の東急でしょ」

って、久しぶりに会ったテツのセンパイの声。

コスモスの裏の階段を上ります。

青山うら

そして、都会のど真ん中の住宅展示場の

さらに奥にあったのが、この階段です。
青山いけ

その奥には、こんなナチュラルな池が!!!

江戸期の地図をみると、

どうやら大名屋敷の庭園だったようです。
青山だいだら
台地の上のこういう池、

自然のものでしたら、相模原台地でもよく見かける

「だいだらぼっちの足跡」かもしれません。

あるいは、地下水が湧く谷頭。

自然地理系の先生がたは

「舌上台地の先端でこれだけ涵養できる泉が湧くかね?」

とか

「岸辺の植生を見れば、どのくらい水が貯まるかわかります」

なんてお話をしてくれます。

テツ先輩のお話では、

都電の運転士さんの教習所だったこともあるとか。

いまでも、都有地なのではないでしょうか。

チャコとしては、

バブルの時期をよくすり抜けて残ったものだと、

感心せずにはいられませんでした。

あとバブルが3年続いていれば、

いくら都有地だとはいえ、

青山プリンスホテルの庭園になっていたかもしれません。
スポンサーサイト
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
<< 渋谷再び~ねこがおんねん | ホーム | わたしのお気に入り~9 ドルチェ >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| ホーム |