FC2ブログ

実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
わたしのお気に入り~7 
こんばんは! チャコです

Doushigawaさん、お返事ありがとうございます☆
pea400.jpg

チャコのお気に入りの階段を、

恋夏(レンゲ)ちゃんといっしょに下っています。

地図では、左下(南西側)の楕円内です。
msp_20181201203949cd8.jpg

見事なy段ですが、支線部分は個人宅なので

チャコのプライバシーポリシー上、紹介できないのが残念です。

それでも、この階段、お気に入りです。

地図にはない上段のほうも、緩い蹴上が切ってあります。
DSCF1852 W中段仰ぎ見
「こういう階段って、歩幅と合わないと

歩きにくくないですか、先輩」

なんて、恋夏(レンゲ)ちゃんがかわいい声で。

「そういうときにはね、『わたしのお気に入り』を…」

「…? 思い出すんですか? それって、

怖かったり気が滅入ったりするときに思い出すんじゃ?」

「ちがうよ、恋夏(レンゲ)ちゃん。

こういう、歩幅が合わない階段を歩くときには

『私のお気に入り』を口ずさみながらあるくんだよ」

DSCF1855 W中段仰ぎ見
「♪レインドロップス オブ ローゼーズ 

  ウィスカー オブ ケトンズ・・・

そうか! 三拍子だから、歩幅が調整できるんですね」

DSCF1858 下のほう仰ぎ見
チャコがこの階段がお気に入りの理由は

海の見える丘に登る階段であることと、

人通りが意外とあることと

(さみしい階段は怖いよ。だって、女子だもん)

メンテナンスが行き届いていることと

(反射材だか蓄光テープだか、安全のために貼ってあります)

周りの植生が、いかにも相模湾岸らしいことと…

(海岸性の照葉樹のブッシュ!)
DSCF1860 下ふりさけ
…江ノ電の踏切を渡ってアプローチすることです。

トコトコ江ノ電に乗って、

鎌倉の直売所で買った野菜を抱えて

小さな踏切を超えて、海の見える階段を上るなんて
DSCF1863W線路仰ぎ見
そんな暮らし、あこがれちゃいます。

この丘の上の家、チャコが一生かかっても買えないでしょうね。

「…いや、いまからでも、FPと宅建の資格とって

投資信託と外貨預金と財形貯蓄で運用して…」

「チャコ先輩、それよりも、永久就職って手もありますよ」

どっちにしたって、高嶺の花です。

「「ふう」」

ふたりでため息をついた後ろを、江ノ電が走り去っていきました。

スポンサーサイト
未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
<< わたしのお気に入り~8 もう一つのお気に入り | ホーム | わたしのお気に入り~5西側階段 上部 >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| ホーム |