FC2ブログ

実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
平塚の塚=2 はなみずフルスロットル
こんにちは! チャコです。

CHAKO72j.jpg
鵠沼生まれの鵠沼育ちの恋夏ちゃんに

「俺たちの朝」を教えてあげて、一緒に見ていると

「わぁ!ここ山本橋ですよ!!

 これ、境川の!! なにこの稲村ケ崎の道、変わってないぃぃぃ!」

と大はしゃぎ。

70年代、80年代っていいよね。

ちなみに、おじさまと視たときは

「800系だ あれは角灯の502型、これが305で今でも走ってるやつ」

うるさいから黙っていてください。


さて、

平塚の塚を目指して歩くチャコです。

「平成の一里塚」は古花水橋のたもとにあります。

この橋がかかる花水川は、遠く、秦野盆地から水を集めてきます。

豊水性の扇状地・盆地ですから、

じゃぶじゃぶ流れてきます。

ということで、土手も高くなります。

つまり、アプローチが長いので、

自動車ではスロープをぐいぐい登りますが

徒歩なら途中でショートカットして登りたくなりますね。

それがこの階段です。

はし

上一段の始末がこんな感じ。
hhDSCF1309.jpg
コンクリートに滑り止めの溝が入っているあたり、

芸が細かいんですね。

ふりさけ見れば、こんな感じです。
ふりさけ
切り欠き、というところがいいですね。

ちなみに、ちょっと歩いたごみ集積場に、こんなものが。
はごいた
羽子板の女の子の前髪が、なんとも。

平塚の塚、まだたどり着けそうもありません。

恋夏ちゃんのブログにバトンタッチしちゃおうかな?
スポンサーサイト
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
<< 平塚の塚=3 | ホーム | 描いてもらっちゃいました。 >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| ホーム |