実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
平塚の砂丘列めぐり=3 
こんばんは チャコです。

CHAKO133j.jpg
大卒の内定率98%ですって!? 誰が計算したの、それ?

だけど、レンゲちゃんが博物館に誘ってくれたから

チャコ、泣かない・・・。

第8列砂丘の八幡宮の丘を北に降りて

博物館がある第7列砂丘に登ります。

登ったところにあった階段がこれです。
wwDSCF0183.jpg

階段があったのはいいのですが、

よりによって、ハローワークとは…。

博物館でレンゲちゃんと地理っぽい話をしていると

つらいことも忘れてしまいます。

それどころか、なんと、チャコとしたことが、

お昼ご飯まで忘れて相模原台地の地形模型を眺めていました。

qqDSCF0203.jpg
ね、ね、

相模原台地が扇状地だって、わかるでしょ!!!!

横浜線の強引な敷設もわかりますね。


お昼は平塚駅あたりで食べることにして

南に戻ります。

第7列砂丘と第8列砂丘の間の

砂丘間低地に、平塚市庁舎がありました。
wwDSCF0238.jpg
ということは、

この階段は盛り土ですね。

第8砂丘列を再び登ります。

八幡さんの境内を南側に降りるところにあった階段です。
wwDSCF0240.jpg

八幡さんの前の歩道橋です。

国道1号バイパスと、厚木街道が交差する

ぺったんこな交差点の歩道橋ですが、

アプローチ階段がありました。

階段よりも、この柱の足元

華奢ですよね。纏足??

wwDSCF0244.jpg

明石町というところにあった公園です。

このあたりは、

第9砂丘列に登る坂のはずですが

見事に平らにされてしまっていて

この階段も、盛り土でしょう。

wwDSCF0247.jpg

砂丘の起伏を生かして街づくりをした鵠沼と

砂丘を平らにして、ぺったんこの街づくりをした平塚

対照的ですね。




スポンサーサイト
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
<< 仕方ないなぁ | ホーム | 平塚の砂丘列めぐり=2  >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| ホーム |