FC2ブログ

実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
平塚の砂丘列めぐり=2 
こんにちは、チャコです。

CHAKO133j.jpg
雨が降ると、ブラウスのローテーションが…。

先週、レンゲちゃんに誘われて行ってきた、

平塚の砂丘巡りの続報です。

平塚市内に残された、数少ない砂丘のひとつが、八幡山です。

八幡宮とその裏山で、西側が公園になっています。

公園系の階段が、ぽつぽつあります。
wwDSCF0174.jpg
こちらは、プラットホーム状の階段です。

国旗掲揚とか、なにかのセレモニーで使うのでしょうか?

テツの先輩が目を輝かせそうな、駅っぽい建物にも見えます。

ジェンガのようにコンクリートが組まれた平和慰霊塔もありました。

平塚の空襲は、このあと行った博物館でも資料展示してありました。

この北側には、海軍の火薬廠が広がっていました。

あの、ノーベルさんが興した会社も一枚からんでいたとか。

米軍にとっては、絶好の攻撃材料…といいますか、

実際には、工場には焼夷弾があまり落ちなくて、

かなりの数が、民家や商店に落ちたそうです。

「工場は、敗戦後に日本から接収して、連合国で使えるよね」って

それが本当なら、火薬廠は、ただの言い訳だったのかもしれません。

そうそう、慰霊塔でした。

慰霊塔の裏にも、こんな階段がありました。
wwDSCF0175.jpg
wwDSCF0176.jpg
右と左に分かれて、対照的に配置してありました。

正面はスロープで、砂丘独特の滑らかな稜線を味わえます。

八幡山公園の北側斜面には

こんな緩い階段がありました。

wwDSCF0179.jpg
wwDSCF0180.jpg
踏面が広く、蹴上が低い、公園ならではの緩さです。

中央に、タイル3枚幅の点字ブロックがあって、

ハンディのある方たちにも配慮されています。

けど、

この低い階段でしたら、

点字ブロックの部分を、スロープにできたような気がします。

もっとも、行政がしっかり考えた結果、この形になったのでしょうから、

スロープにできなかった深いわけがあるのでしょう。


あ、明日も学校+就活かぁ。

ふと、「就活留年」「大学院」って言葉がよぎるチャコでした。
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
<< 平塚の砂丘列めぐり=3  | ホーム | 平塚の砂丘列めぐり=1 >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| ホーム |