実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
それぞれの原宿=2 金王さん
こんばんは チャコです。

b1831.jpg
土日にも就活あるんだよぉ…。

就活性にとって、ブラックだよぉ。

さてさて

渋谷川の谷から青山の丘に向かって歩いている

チャコ御一行様です。

こちらが、金王八幡さんです。
sssDSCF9323.jpg
sssDSCF9326.jpg
チャコが少年だったら、

つい反応したくなるような漢字ですよね。

あと、

保土ヶ谷とか、小袋谷とか…。

っと、

気を取り直して。お上品な巡検に戻ります。

青山の丘に登れば

武蔵野台地の台地面ですから

派手な階段はありません。

ですが、

そこはあれだけの谷を侵食した渋谷川です。

水だらけの礫岩の上に関東ローム層をまぶした

武蔵野台地なんて、なんでたまりましょう。

こんなふうに、ビルにも微階段を着けて

1階ロビーを水平にしています。
sssDSCF9336.jpg

コンビニの入り口だって

微階段を設けて、高低差を始末しています。
sssDSCF9337.jpg
まだまだ侮れない

渋谷周辺の台地です。
スポンサーサイト
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
<< それぞれの原宿=3 揺れて青山通り | ホーム | それぞれの原宿=1 新南口 >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| ホーム |