実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
早春の落穂ひろい=3 代々木上原の駅へ
ハロー! チャコです。
j227_201802092158044de.jpg

代々木上原は、
新宿駅から河骨川の谷をトレースしてきた小田急が
武蔵野台地の上に乗りあげようとして
支谷に進路を切っていくところです。
なので、
かなり複雑な地形の上を線路を敷いています。
ましてや
地下鉄千代田線の乗り入れなどがあると
高低差が半端じゃありません。

保線施設へも
こんな階段がありました。

yyDSCF9021 (2)
階段から降りてきても
側溝で躓いてしまいそうです。

もうちょっと、駅のほうに行きます。
こんな階段がありました。
yyDSCF9022 (2)
東京の人は
徒歩に慣れているので、
田舎町ならスロープにするところを
階段にしてしまいます。
階段趣味って、
シティ派の趣味なんですね。

手すりの曲がり具合など
かなり使い込んでいます。
代々木上原の駅前ですから
人通りも、半端じゃないんでしょうね。

下から見るとこんな感じです。
fasads
かなり、くたびれていますね。


yyDSCF9025 (2)
スロープのひびとか
脇の欠け具合とか、
痛々しい階段です。
踏面の色も、
「老婆の厚化粧」といわれた
国鉄新潟色・・
・・って、なんでチャコが
コアなテツの話題を・・・??
スポンサーサイト
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
<< それぞれの原宿=1 新南口 | ホーム | 早春の落穂ひろい=3 代々木上原のスレン段 >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| ホーム |