FC2ブログ

実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
目久尻川源流行・逆打ち!!=2 小池弁天
こんばんは! チャコです。
世の中は3連休ですね。
p3111.png

さてさて、
おじさま達地理好きに誘われて
目久尻川を下っているチャコです。

相模原市から座間市に入りました。
このあたりは、目久尻川が側方侵食できないので
そのぶん、やっきになって下方侵蝕しています。
とはいうものの
ここは水分をたっぷり含む、スポンジのような相模原台地。
下方侵蝕すれば、
腋から水がジョボジョボと湧き出てきます。
そんな水が貯まろうものなら、
昔の人にとって、
貴重な水場になります。
涸れないように、神様にお祈りしたりします。

ということで、
座間市小池には、その名の由来になった
小池弁天さんが鎮座ましましています。
池も
水がないものの、復活しています。
あ、
このブログは階段物語なので、
弁天さんとか、池とかの写真は載せませんよ。

弁天さんのすぐわきに
目久尻川が流れています。
両脇を鉄板で固められて
V字谷というより、凹字谷です。

その土手に登るための階段が、これです。
左岸の階段です。
41DSCF8930_20180211194348ed2.jpg

右岸はこんな感じ。
40DSCF8929_20180211194347749.jpg
写真の左側の木立が、弁天さんです。

ちょっと歩いたとこには
こんな急な階段もありました。
51DSCF8933_20180211194350ae1.jpg
頑張って、下方侵蝕のね、目久尻川。
今は小さな川だけど、
ネット上のうわさでは、旧・相模川だった時代もあるとか。

ちなみに、階段のすぐ下の看板です。
61DSCF8934_20180211194351a72.jpg
痴漢注意の看板って、
落石注意とちがって、
注意喚起する相手を間違えていますよね。
加害者がいる犯罪で、
被害者を注意するか?
しかもこの看板は、
まるで被害者にスキがあるようで
しかも
服装のせいにまでしていて。
じゃあ、
学校指定のセーラー服着ている高校生が被害にあわないの?
きちんと着こなしている女性が被害にあわないの??
ちがうでしょ。

スポンサーサイト
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
<< 目久尻川源流行・逆打ち!!=3 芹沢・芹が谷・ブッタガヤ | ホーム | 目久尻川源流行・逆打ち!!=1 メム・シリ(泉湧く大地)の川 >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| ホーム |