FC2ブログ

実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
箱根の冬物語=5 時刻表密室ミステリー!?
こんばんは、チャコです

巌根史奈ちゃんのママにアリバイをうまく作れたので、
チャコのミッションは完遂しました。
なのでゆっくりお風呂にでも行こうと思います。
p225.jpg
じゃあね、
史奈ちゃん、廉クン、
チャコはお風呂に行って、2時間ほど部屋を空けるよ。
今度は、ベッド乱してね。

箱根ハイランドホテルは
お風呂も最高でした。

ジャグジーと露天風呂があります。
氷点下の箱根で露天風呂に入るのは自殺行為なので
チャコはもっぱらジャグジー三昧。
ジャグジーなんて、飛鳥Ⅱ以来です。
しかも、
貸し切り状態が40分以上続きました。

「ブラタモリ」にも出ていたとおり
仙石原の温泉は、池の水を大涌谷の噴気の中に通して
温泉成分を入れたという
いわば人工温泉です。
ですが、
すごく温まります。
侮れません、仙石原温泉!!

さすがの仙石原温泉も2時間も浸かっていられません。
とはいっても、このホテル
カラオケルームもラーメンコーナーもありません。
が、
もっと素敵な部屋がありました。
2畳ぐらいの小部屋ですが
ライブラリーといって
図書室が付いていたのです。

文学全集からジュブナイル
「ドラえもん図鑑・からだのふしぎ」なんていうのまで。
このドラえもん、
しずかちゃんの絵がかわいそうなくらい可愛くなくて、
このしずかちゃんじゃあ、
変声期の男の子でも赤面しないわ。

ホテルで読了できなかったら
おうちに持ち帰って読んでもOKなんです。
読み終わったらホテルに送り返してくださいって、
太っ腹。
っていうか、宅配便代考えれば、買っちゃったほうが安いかも。

どの本を読もうかな、って迷っていたら
「チャコ先輩」
って、廉クンの声。
「どうしたの、廉クン」
「お部屋に帰りましょう。史奈ちゃんも待ってます」
なんで。せっかく気を利かせたつもりなのに…。

「あの、気を利かせてくれるのはうれしいんですが」
「ボクたち、純粋に旅を楽しみに来たんです」
へえ、そうなの。
「その…メーク・ラブするだけなら、都内にマンションを7室持ってますし」
そうね、大金持ちだったよね。
「ごめんなさい」
「ううん。とっても嬉しいんです」
「え」
「ボクたちと一緒に話をして、
変に詮索したり、興味本位で尋ねたりしなかったのは
チャコ先輩が初めてです」
「ほえ?」
「カルデラの話とか地質の話とかで
廉クンの服装の趣味のことは全然なかったでしょ。
それがうれしくて」
もしかして、褒められていないかも、チャコ。

「じゃあ、続き、話そうか?」
「続き・・・ですか?」
「そう。大涌谷の形成から」
「い・・・いいです。お風呂に行きます」

ちなみに、廉クンは
ホテル備え付けの寝間着で男子風呂に行きました。
その手があったか。

翌朝、
二人がお化粧している間に、
さっとファンデだけ塗ったチャコは、
ホテルの階段巡り、バージョン2!

まずは、フロントから中庭に出る階段です。
hknDSCN1265.jpg
ガラスが写っているのは、
鍵がかかっていて、出られなかったからです。
踏面がタイルなので、もしかすると
転倒防止のためにガラスを閉めていたのかもしれません。

hknDSCN1267.jpg
鍵が締まっているため
そこから続く階段も、バージンスノーが根雪になっています。
奥に見える建物が、
チャコたちが泊まった宿泊棟です。

宿泊棟へ降りる室内階段と
外の通路との間に
こんなトマソン階段がありました。
hknDSCN1268.jpg
軒先にあって、
登り口も下り口も、左右も完全に
密閉されています。
ここで殺人事件があれば、
密室殺人になりそう。
チャコの階段物語には、そんなミステリー、出ませんけど。

宿泊棟からフロントのカフェに向かう丘は
雪に埋もれた階段らしき跡が見えました。

hknDSCN1269.jpg
果敢にもアタックした足跡がありますね。
かなり苦労したみたいで、
コケたような跡もちらほら。
もちろん、チャコはそんな無謀なことはしません。
写真だけ撮って、部屋に戻ります。

413号室に帰ってきたら、
廉クンと史奈ちゃんはお化粧も終えて
荷造りの準備中です。

「チェックアウトが12時だから、
ふたりでゆっくりしていけばいいのに」
って、おせっかいな忠告をするチャコです。
「そうしたいんですが、京都に行かなくちゃ」
「なんでまた、京都に?」
「わたしと廉クンが京都にいる動画を撮って
YouTubeに投稿しようって」
「海外のブログの友達に、自慢することになっているんです」
面倒くさい自慢ですね。
12時のチェックアウトの後
タクシーで小田原に行って13時。
新幹線に乗り換えて、京都駅に16時。
タクシーで金閣寺に行けば、
ぎりぎり動画、撮れそうです。
が、
廉クンと史奈ちゃんは
「6時に東京で、大学の先生との約束があって…」
これではアリバイ破綻です。
密室殺人ではなくて、時刻表トリックになりました。

「その動画を見ているお友達って、
シビアな子?それとも、冗談が通じる子なの?」
「もともと冗談で京都に行くんですよ」
金持ちはこれだから。
「なら、12時までホテルにいられるんじゃないの?」
「え、どういうことですか? チャコ先輩」
ここは天下の険、箱根よ!
文学部地理学科、なめんなよ。
「じゃあ、朝ごはん食べながら、作戦会議ね。
行こう!」
チャコは、
廉クンと史奈ちゃんを引き連れて
朝食会場に向かいました。
スポンサーサイト
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
<< 箱根の冬物語=6 解答編 | ホーム | 箱根の冬物語=4 ぷち・ぷらんす >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| ホーム |