FC2ブログ

実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
いずみの森の物語=2
こんにちは! ひとり留守番のチャコです☆☆

p224p.jpg
なっちゃん、実夏ちゃん、成人式おめでとう☆☆☆

なっちゃんと実夏ちゃんと、さくらママと弥生ママは

2世帯家族4人でお祝いディナー。

藤沢本町に出かけています。

お寿司かな??

なので、

チャコは一人お留守番を買って出ました。

もちろん、誘ってくれたんですけど、

水入らずに水を差しちゃあ、ね。

ということで、3人共有のパソコン、

今夜は使い放題です。

男の人なら、

エッチなお姉さんのサイトを見るのでしょうけど、

チャコは、ふだん容量が重くて遠慮している

地図系のサイトを次々と…

お色気ゼロの21歳女子でした。


さてさて、

大和市の泉の森を、さ迷い歩くチャコです。

泉の森の中にある郷土民家園には

有人の事務所があって、しっかり管理してくれています。

これが、そこへの階段。

zzDSCF8878.jpg
石造りで、立派ですよね。

郷土民家というより、庭園の階段ですね

地主さんが土地を売って作ったお庭の階段のよう。

zzDSCF8880.jpg
といっても、これだけのお家を建てられるのですから

このくらい贅を尽くした階段があってもいいのかもしれません。

あと、

噴水と、ガレージと、庭石と、ローマの彫像と…。

そうそう、パターの練習場。


泉の森は窪地にありますから、

台地へ登る崖が周りを囲んでいます。

そこへの歩道にはこんな階段がありました。
zzDSCF8884.jpg
自然公園でよく見かける擬木柱の蹴上です。

擬木中を支える支柱が丁寧に並んでいて

パターン化されていて、フォトジェニックかな?

この林、原生林に近いようなのですが、

潜在植生とか調べていないし、

調べたとしても、白樫の木って言われても、

チャコ、わからないし。

下流のほうに歩いていきます。

民家園がある谷は、どちらかというと支流で

本流と合流するあたりに、管理事務所があります。

こちらは、管理事務所の裏の向かいにあった

廃階段です。
zzDSCF8885.jpg
資材置き場でもあったのかな?

こちらは、

管理事務所の裏の階段です。
zzDSCF8887.jpg
手すりがちょっと過保護ですが

この鄙びた具合、いいですよね。

階段の段差も、

さっきの崖の擬木柱と違って、

来場客用ではなく、いかにも職員さん向け。

必要に応じて作った、という感があります。

機能美、って、言いすぎかな? 悲別で。

園内はどこも、落ち葉をそのままにしていました。

自然を大切にしているのか、

たんなる、おっくうなだけかはわかりませんが、

趣があります。

でも、本当の里山なら、

住んでいる人が神経質なくらいに

落ち葉をかき集めていると思います。

焼き芋、焼くのにも役立ちますしね。

あ、なっちゃん、帰ってきた。

お帰り!!!
スポンサーサイト
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
<< いずみの森の物語=3 | ホーム | 21歳になりました >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| ホーム |