FC2ブログ

実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
初詣~
あらためて
あけましておめでとうございます。
ハッピーニューイヤー!
しんにぇん・はぁお!
          もうすぐ21歳の、チャコです。
 チャコが就職決めるまで、景気失速しませんように。

p225 Angeltearoom
 MIE叔母さ・・・お姉さまのアドバイスで
 ロマンスカー・アテンダントさんのコスチュームにチャレンジ!
 森永エンゼルティールーム!!
 チャコが大好きな、70年代後半のデザインだよ☆
 なっちゃん、作ってくれてありがとう☆☆
 でもこれ、夏服だよ。
 イラストではわからないけど、
 肩章に白いボタンが付いてあったり、
 胸の開いているところを細いベルト状の布で留めていたりと
 大雑把なデザインのようで、ディテールがしっかりしています。

さてさて、
チャコの初詣は
地元の諏訪神社上社に行ったあと
石上神社
そして、船玉神社
と、
藤沢本町まで境川を遡上しました。

ちなみにここが、船玉神社の階段です。
DSCF8655ふなだま

片瀬の河口から、この辺りまで船が遡上してきた
その傍証になるといわれています。
この辺りが感潮河川の上限だったこともあるようです。
いまは、潮を感じているでしょうか?

ただねえ、
名前だけで傍証だっていわれてもねえ。
DSCF8656ふなだま

片瀬湊という川港が
ミネベア…江ノ電の柳小路駅付近にあったことは
資料として残っているのですが、
そこから先は、おやじギャグ地名学の世界だと
チャコは思います。
そういえば、
大船も船が遡上した地名だといわれていますが、
それなら上高地の島々はどうよ、八ヶ岳の小海はどうよ。
って
正月早々、けんか腰のチャコです。

こちらが
船玉神社さんの「裏参道」
DSCF8657ふなだま
境川からの脇道の横にあります。
味がありますよね~。

言いたいこと色々言いましたけど、
八百万の神様と仏様
昨年はありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
<< 保土ヶ谷 | ホーム | あけおめ! >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| ホーム |