実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
想いでのボニイアイランド=3 ボニン色のマーメード
こんばんは! チャコです
ちなみに、父島ではこんな服でした。
r12.jpg

さて
父島5時間弾丸ツアーを抜け出し、
二見港(父島の玄関)をぶらぶらしているチャコです。

14:10.
最終通船まで60分を切りました。
最終便で「飛鳥II」に帰ってもいいのですが、
さすがにそれはリスキーです。
14時30分ごろの通船で帰りたいものです。

JA直売所でお土産を買って
波止場に向かいます。
島の人は、このあたりを「波止場」といいます。
レンタカーを返す時も
「どこまで送りますか?」
というレンタカー屋さんの質問に
父島歴10回以上のライターさんは
「波止場まで」
って答えていました。

まあ、
都市でいえば駅みたいな場所ですね。
駅に「〇番線」があるように
父島の波止場にもいろいろな船着き場があります。
「おがさわら丸」が着く桟橋には、飛鳥IIをサポートするために
はるばる50時間かけて海を渡ってきたタグボートが
一仕事終えて泊まっていました。
その後ろには
ははじま丸の桟橋。
チャコたちが上陸したのは
反対側(おがさわら丸の舳先側)の
青灯台 という名前の桟橋です。

ちなみに、青灯台の本体は白く塗られていて、
夜になると、青い色の光が灯るそうです。

えっと
桟橋紀行じゃなくて、階段物語ですよね。

青灯台の周りにも階段があります。
防波堤を切り欠いたり、越えたりするときに、
階段が必要ですからね。

こちらは、
桟橋からビーチを見たところです。
前浜とか大村海岸とかいわれているビーチです。
ccDSCN0717.jpg

ビーチになっちゃんと実夏ちゃんがいた。
水着になって・・・て
20歳にもなって、スクール水着は違反でしょ・・・・・・・・・・・。

こちらは、おがさわら丸の岸壁を見たところです。
ccDSCN0719.jpg
赤いマストの船が、
飛鳥IIのロープを取るために
50時間かけてきてくれたタグボート「富士丸」です。

オーバーハングしている階段もあります。
ccDSCN0728.jpg
上からは、沖に停泊している飛鳥IIが見えます。
遠くの山は、父島の中央山です。
ここからも飛鳥IIがきれいにみられるはずですが、
弾丸ツアーではとてもとても。。。。。

オーバーハングの部分は
もしかして、魚釣りのために作ったのかな
とおもいましたが、
上から見たら、下には階段が。

ccDSCN0730.jpg
水面下5段先まで透けて見える透明度!!
一般的には「雁木」と呼ばれている階段ですが、
「チャコの階段物語」では、「マーメード階段」と呼んでいます。
父島の港からだと
本物の人魚が出てきそうですね。

あ、
そろそろ飛鳥IIに帰らなきゃ。

なっちゃんと実夏ちゃん、
そろそろ水着、着替えたら?
スポンサーサイト
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
<< 来年もまた会えるよ! | ホーム | 思い出のボニイアイランド=2 >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| ホーム |