実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
■  9月6日  サハリン = ダーチャのおもてなし

 ピクニックテーブルの上の料理は、ダーチャの菜園で採れたものばかりだった。粉吹きいもはほかほかで、塩味。緑色のハーブが振ってある。バジルかな。トマトは何種類もあった。なかにはナスのように細長いトマトもあった。生で食べると、ほんのりと酸味が聞いていておいしい。皮が厚くてプチプチする食感もいい。日本では甘さを誇るトマトが増えている。直売所でおじさんたちが「トマト本来の味がなくなった」と嘆いてる。アナトリーさんのトマトは、こトマト本来の味がする。直売所のおじさんに食べさせてあげたくなった。
 スープはボルシチ。ロシア料理の定番だね。ダーチャのボルシチは、野菜たっぷりだ。トマトの色だか、ビーツの色だかわからないが、汁の色も赤みがかって、ミネストローネに近かった。これに、「スメタナ」と呼ばれるプレーンヨーグルトを入れて飲むと、キレが出る。ヨーグルトとトマト、二つの酸味が相まって、口の中でエコーしている。
 チーズのように見えたのは、「塩漬けブタの脂身ですよ」と立柳さんが教えてくれた。豚は脂身が一番おいしい、と藤沢の養豚農家さんから聞いたことがある。残念ながら日本の豚肉ほどのコクはなかったが、むしろそのさっぱり感がダーチャの庭での昼食に似合っていた。雨はいつの間にか上がっていた。北国の早い秋の雨上がり。冬支度の合間にお邪魔した、っていう感じだった。

 888DSCF0134.jpg
《粉吹きいもはほかほかで、塩味》
スポンサーサイト
尾花実夏☆ロシアまで*愛をこえて | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
<< ■  9月6日  サハリン = シャリク | ホーム | ■  9月6日  サハリン = ウォッカの飲み方教えます >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| ホーム |