実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
■ 9月5日 小樽出帆 =コンサートがはねて
 コンサートがはねて、あたしと夏実お姉ちゃんはデッキに出た。冷たい秋の風が気持ちいい。コンサートの熱気に、すこし火照っていたようだった。北に向かう船のクォーターデッキ(船尾)だから、南の星座が見える。東京あたりだったら、フォーマルフォートや南斗六星が見えるはずだけど、緯度が高いのと、南の水平線がかすんでいるのとで、はっきり見えなかった。ファンネル(えんとつ)の上では、夏の大三角形が最後の栄光を見せていた。東の空には、ペガサスとアンドロメダが、秋の四角形を作って、はくちょう座を押し出そうとしていた。
 2011年の沖縄クルーズのときは、あたしと夏実お姉ちゃんとで、このデッキで星に関する歌を次々と歌った。
「また、歌おうか。実夏」
「え?星の歌?」
「ロシア民謡はどう?」
「レパートリーないよ」
「うーん、北の歌は?」
「演歌になっちゃうかも」
「うるさいなあ、じゃあ、実夏が決めてよ」
 うるさくないけどなあ。ま、いいか。
「じゃあね、カチューシャにちなんで、女の子の名前の歌」
「よっし。受けて立つわ!」
 一曲目がお姉ちゃんの『ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイヤモンド』。ビートルズかい。まけないよ。『フランシーヌの場合』。どうだ、お姉ちゃん。そのあと、童謡の『さっちゃん』。みんなの歌の『ユミちゃんの引っ越し』そして、少女アニメが延々と続いて、最後はサザンの『いとしのエリー』『チャコの海岸物語』『栞のテーマ』になった。ふう。疲れたなあ。ロシア、ぜんぜん関係ないよ。
「あのさ、わたしたちもアカペラのボーカルグループ、作りたいね」
「あと3人、だれ?」
「ルナナさん、プロ級なんだよ」
「添乗員の? 宴会芸で披露するの?」
「宴会のときは、わざと下手に歌うんだって。ヨーロッパを貧乏旅行していたころ、帰りの航空券を売っちゃって、とうとう無一文になっちゃったんだって。で、イタリアのカンポ広場で歌うたって稼いで、何とか帰ってきたって自慢していたよ」
 それって、不法労働じゃん。
「そういえば、チャイキャベちゃんも上手だよ。本人は、楽譜どおりにしか歌えない、って謙遜してるけど」 
「そうなんだ。聞いてみたいね」
「あとは…あ、チャコ従姉ちゃんは?」
あたしがそういうと、夏実お姉ちゃんは立ち上がって両手を大きく振って否定した。
「だめだめ、親族一の音痴なんだ。箱根のウグイスをひと夏黙らせたってエピソードの持ち主だよ。別名、ウグイス殺しのチャコ」
 ど、どんな音痴なんだろう。

44DSCF5743.jpg
《コンサートがはねて、デッキに出た》
スポンサーサイト
尾花実夏☆ロシアまで*愛をこえて | トラックバック:(0) | コメント:(1) |permalink
<< 20歳になりました。 | ホーム | ■ 9月5日 小樽出帆 = ドルフィンホール >>
Comment

管理者にだけ表示
音痴で悪かったわね!
2017/07/29 Sat| URL | チャコ [ edit ]
Trackback
| ホーム |