実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
おーたに!
こんにちは! チャコです!!
買っちゃいました、リクルートスーツ。
j33.jpg
来年、就活だし、
学会のお手伝いなどのフォーマルな場所に出ることも多いし…。

で、
チャコのリクスー・デビューは
ホテルニューオータニ!!!!ぱふぱふ~

といっても、
教授の資料を持っていくだけなんですけど。

外国のお客様との打ち合わせとかで
前日からお泊りする教授に
学校から資料を持っていくことになりました。

「電車に忘れたりするんじゃないぞ」
って。助教から厳命されたチャコです。
「メールで送ればいいのに」って思いましたが
19世紀のドイツの地図だそうです。
「そんな貴重なもの、ご自分でお持ちになったら」
といったら
「レプリカだよ~」と軽いお返事。
じゃあ、ファクスかメールでいいのに…。

バイエルン地方の19世紀の銅版地図は
レプリカでも威厳があって、
何やらドイツ語で書き込みがしてあるところもありました。
電車の中でしばしばうっとり眺めていたチャコでした。
ちなみにチャコの第2外国語は中国語なので
ドイツ語、よめません。
まして、崩してある筆記体ですから。

夕食が終わるころの時間に合わせて
ホテルに向かいます。
永田町の駅を降りて、
246を下って、赤坂見附を四谷のほうに。

ちょっとだけ緊張感。
リクルートスーツって、汗がこもるようにデザインされてるのかな?
わきのした、たらたらしてます。

ガーデンコートの入り口のドアマンさんに
宴会場を調べてもらって、館内略図をもらいます。
広いホテルです。
地理学科のプライドにかけても、迷うわけにはいきません。
よかった! 一発で着けました。「ザ・メイン 宴会階 鶴の間前」

教授の顔を見たときには、ほっとして
また発汗たらたら。
このスーツ、就活までに何回クリーニングするのかなあ。

「ご苦労、河東クン」って
受け取った教授は、バイエルンの地図をご覧になって、顔が青ざめました。
「縮尺が違っておる!」
え?
汗びっしょりです。
すぐに助教をケータイで呼び出して、代わりの地図を持ってくるようにって。
「明日のあさ9時半にフォーラムがはじまるから
それまでに河東クンに持たせたまえ」

今なんとおっしゃいました??
「河東クンに」ですって????

「河東クン、きみが悪いわけではないが、
もう一度たのまれてくれないか」
いやといえるわけはありません。

せめてコーヒーの1杯もおごっていただければと思ったのですが、
縮尺が違うバイエルンの地図を手に
とぼとぼホテルを後にしたチャコでした。

でも
江戸城の付け根にあたるこの地域は
階段がいっぱい!
夜でしたが
撮れるだけ撮ってきました。

ここはホテル近くのビルの入り口。
雁行配列している階段です。
qDSCF6275.jpg

そして
清水谷公園。
qDSCF6278.jpg
大久保公の悲劇を慰める像だか石碑だかがあるようですが
夜はもっぱら
タクシードライバーさんのお手洗いとして活用されています。
qDSCF6284.jpg
お手洗いに行くドライバーさんを写さないように
慎重にシャッターを切る、
リクルートスーツのチャコでした。
qDSCF6283.jpg

こちらは、
紀尾井町住宅や平河町へ向かう階段です。
H型階段の典型。
機能的ながら、どこかあか抜けています。
ザ・千代田区って感じですね。
qDSCF6277.jpg

最後に
四ツ谷駅のほうに向かって
ホテルニューオータニを後にしました。
qqDSCF6274.jpg
あした、
何時に起きればいいのかな?
スポンサーサイト
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
<< おーたに!2翌朝 | ホーム | 春の芝浜=総集編 初夏の芝浜 >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| ホーム |