実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
春の芝浜=総集編 初夏の芝浜
こんばんは! チャコです
 20代最初のゴールデンウィークが
 今まさに終わろうとしています。

 さてさて、
 チャコは
 芝~高輪の巡検の本番をすっぽかしてしまったため
 5月5日に、おじさまに無理やり誘われて
 芝~高輪の巡検の後始末、
 学会発表用の写真を撮りに付き合わされてしまいました。

 えっと、夏服、夏服。

CHAKOS16J_201705062203326ec.jpg

 なっちゃんも実夏ちゃんも、忙しい日だったからよかったけど、
 連休って、3人で遊べる貴重な時間なんですから。

 巡検コースの階段は、
 もうほとんどチェックしたはずでしたが、
 まだまだあるんですね。
 1度や2度通っただけでは、階段って探しきれないものですね。
 地域性も、1度や2度いっただけでは実感できないものなんでしょうね。

 そんな階段の一つがこれです。
stDSCF6003.jpg

 亀塚公園の手前の、
 お墓の横を入っていったら、いきなりエレベーターがあって
 どうやら通りすがりの一般人も乗れるみたいでした。

 降りてみたら、芝桜の斜面。
 芝桜は、雑草の中にけなげにぽつぽつ咲いています。
 斜面には、階段がありました。
 階段の先には、高輪台地の海食崖。
 そして、元和のキリシタンの石碑がありました。
 無理やり改宗を迫られ、殉教した人たちの霊を慰めています。
 アーメン。

 そして、
 高輪台地を降りる所にも、未踏の階段がありました。
 こちらは、桂坂の泉岳寺寄りです。
stDSCF6068.jpg
 使い込んだ手すり、花崗岩の踏面、
 かなりの階段です。
 いい仕事、してますね。

 で? なんでチャコがおじさまの発表の図を描くんですか。
 チャコもゼミのレポート、忙しいんです。
 やりませんよ。
スポンサーサイト
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
<< おーたに! | ホーム | 春の芝浜=8 品川もんきち >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| ホーム |