実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
明日です。
ひさしぶり、夏実です。

いよいよ明日、にっぽん丸が、江の島の沖に来ます。

2年ぶり、3回目です。

実夏と、チャコ従姉ちゃんと見に行きたいけど、

え?実夏は出版社のアルバイトで東京??

チャコ従姉ちゃんは、明後日の野外実習の準備????

じゃあ、わたしがひとりで迎えに行くね。

natj.jpg
スポンサーサイト
旅する夏色・Cam・実・CAN | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
●9月5日  小樽出帆  = 世界中の港の名前が書かれたプレート
 パスポートコントロールは、手際よく進んだ。にっぽん丸の中には、出国手続きを終えた人が増えていった。船の中に、日本と外国が混在している。この不思議な感覚って、クルーズ船で出国するときだけ味わえる。小樽のスタンプを押してもらったあたしたちは、もう、日本にいないことになっている。スタンプを待つお客さんは、まだ日本にいることになっている。不思議だよね。
 キャビンに戻ろうかと思ったら、夏実お姉ちゃんがあたしの袖を引いた。
「実夏、あれ探そう。去年の」
 それだけでお姉ちゃんが何を探しているのかわかった。あたしと夏実お姉ちゃんは階段を駆け上って5階に行った。船の後部には、ドルフィンホールという2層吹き抜けの大きなホールがある。コンサートやビンゴ大会を開いたり、説明会をしたりする。その入口の通路には、世界中の港の名前が書かれたプレートが飾ってある。横浜、神戸といったベーシックな港もあるし、憧れの二見(小笠原)もあった。2011年に行った那覇、石垣島、基隆もあった。そして、
「実夏! あった、あった」
夏実お姉ちゃんが男子トイレの入り口で叫んだ。あたしも走って行った。
 お姉ちゃんが指差した先には、透明なアクリルのプレートが掛かっていた。プレートには、
 藤沢市 江の島寄港記念 2012年10月31日 藤沢市
と書かれていた。
 そうなんだ。これが、3年前、にっぽん丸が初めて江の島に錨をおろした時の記念プレートなんだ。あの日、あたしたちは学校休んで船を見に行ったり、ちょっとだけお手伝いをしたりした。

dcDSCF5653.jpg
《にっぽん丸が初めて江の島に錨をおろした時の記念プレートなんだ》
尾花実夏☆ロシアまで*愛をこえて | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
●9月5日  小樽出帆  =ギャングウェイを登った
 乗船券とパスポートを見せて、ギャングウエイを登った。船員さんたちが笑顔で出迎えてくれた。さすがに知っている顔はなかったけど、あたしたちの名簿を見て「おかえりなさい」っていってくれたときは、泣きそうになっちゃった。
 船室で荷物を確認したら、パスポートを持ってレストランに向かった。パスポートコントロールは、2階のダイニング「瑞穂」が会場だった。小樽の出入国管理官さんが、ノートパソコンを持ってきて坐っていた。パスポートの顔写真と顔を見比べて、ぽん、とスタンプを押してくれた。スタンプには「日本国・出国・小樽」と書かれていた。夏実お姉ちゃんは2度目の海外旅行だった。前回がにっぽん丸で台湾。
「見て見て、わたしのパスポート。石垣でしょ、基隆でしょ、那覇でしょ、小樽でしょ。ね、ね、成田も羽田も関空も押してないんだよ」
 たしかに、港のスタンプしか押していないパスポートって、持っている人は少ないだろうなあ。

88DSCF5665.jpg

《船員さんたちが笑顔で出迎えてくれた。》
尾花実夏☆ロシアまで*愛をこえて | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
江の島で、にっぽん丸に会えるよ!
今年もまた、江の島沖ににっぽん丸が来るよ!!

2年ぶり、3回目だよね!

今年はなんと、土曜日だよ☆

学校休まなくても会えるよ!!

10月29日の朝9時前には江の島沖に着いているよ。

夕方は5時過ぎに出帆予定。

日本一周クルーズの途中紀行だって♡

楽しみだね***
22DSC_1626.jpg
旅する夏色・Cam・実・CAN | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
●9月5日  小樽出帆  =突然、なつかしさに変わった。
 小樽運河のあたりまで坂道を降りてくると、スーツケースを引いた人の姿が目立つようになった。スーツケースには、にっぽん丸の青い荷札を付けている。タクシーで乗り付ける人もいた。
 にっぽん丸に乗らないで小樽の観光だけをしている人は、カットソーやデニムの軽装だった。にっぽん丸が泊まっていることを知らないようだった。「みんな、何しにあんな岸壁に向かってるんだろう?」ってきょとんとした目でスーツケースの客を見ていた。荷物を先に送っていたあたしたちは、小樽観光派なみの軽装で桟橋に向かっていった。心の中は、わくわくしていたんだけど。
倉庫が切れると、目の前ににっぽん丸が泊まっていた。
 わくわく感が、突然、なつかしさに変わった。
 3年前、那覇で手を振って別れたあの船が、泊まっている。そのあいだ、あたしたちは高校生になったし、大震災のニュースを見て泣いたし、源氏物語にも微分にもチャレンジした。にっぽん丸も、世界中の港をめぐった。1年前、江の島で再開した。そして、いま、3度目のめぐりあいができた。旅行会社を通してしっかりと予約しているのだから、偶然でも何でもないんだけど、なんだろう、この気持ち。3年という時間? それとも、那覇と江の島と小樽の距離感?

88DSCF5630.jpg

《目の前ににっぽん丸が泊まっていた。》
尾花実夏☆ロシアまで*愛をこえて | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
●9月5日  小樽出帆  =にっぽん丸だよ!
 小樽の駅に降りた。からりと晴れていた。空はものすごく高かった。すっかり、秋の大気だ。
「時間があるけど、運河とかオルゴール屋さんとか、見に行く?」
弥生ママがあたしたちに尋ねた。
「いかなーい」
 夏実お姉ちゃんとあたしは声をそろえた。
 それなら、チェックインまでまだ時間があるから、歩いていこう、ということになった。少しは、北の大地を踏みしめておかないと、函館から稚内まで大周りした宮澤賢治に申し訳ない。小樽駅から、小樽港までのわずかな距離で北海道の大気と大地を感じることにした。まったく、でっかいのかちっちゃいのかわからない旅だなあ。
 道路を曲がって、海に続く坂道をみると、その先にオレンジ色の煙突が見えた。
「実夏!にっぽん丸だよ」
 冷静を装っていた夏実お姉ちゃんが、上ずった声をあげた。走り出したくて仕方なかったけど、ここで事故でも起こしては元も子もない。あたしたち4人は、わざとゆっくりと港に向かった。

rrDSCF5606.jpg
《その先にオレンジ色の煙突が見えた。》
尾花実夏☆ロシアまで*愛をこえて | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
しくしー戸塚=8 ふたかけ
こんにちは! すっかりご無沙汰 チャコです

階段めぐりをしたチャコ、

戸塚駅に向かってぽたぽた歩きます。

駅まで数百メートル。飛行機なら着陸態勢に入っています。

当機はただいま最終着陸に入りました。どなた様も今一度シートベルトの・・・


崖にへばりつくような公園の脇には、

幼稚園の非常階段がありました。

kxqxDSCF2175.jpg
この急傾斜!

園児たちも、先生がたも、

あわてないで降りてきてくださいね、非常時には。


さらに歩いていくと、

住宅展示場の駐車場の階段がありました。
kxqxDSCF2177.jpg
ちょっとした階段ですが、

こんな段差ができてしまうところが、

谷底だということを物語っています。

遠くに見える丘が、

幼稚園やへばりつき公園のあったところです。


もう駅前です。

この微階段は、地形とは関係なく、人工的に作った地盤です。
kxqxDSCF2178.jpg
この下に、国道1号が走っています。

このトンネルができるまでは、開かずの踏切がありました。

トンネルは「とつか地下道」という名前で、

高校生がデザインした扁額が掲げられています。
kxqxDSCF2179.jpg
ステキなデザインですけど、

一言、いってもいいかな?

「とうか地下道」に読めちゃうよね。

さっきの微階段は、

地下道の上にふたをした所にできた広場でした。

なので、この広場の名前も、
kxqxDSCF2182.jpg
ふたかけ??

二股かけられちゃいそう。

カップルで訪れない方がよさそうですね。
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
しくしー戸塚=7 矢部蔵坪公園
こんばんは! チャコです!!

1年もったね、チャコのブログ☆

しまりすさん、ひなまろんさん、見てくれてありがとう!!

さてさて、

戸塚の「急傾」の鍵盤階段を降りて、

戸塚駅に向かって帰ります。

途中で、

電車の中からも眺められる公園を見つけました。

kxqxDSCF2173.jpg

急な崖にへばりつくような公園です。

もちろん、階段もあります。

まずは、

道路から公園に行くのに、この階段が。

kxqxDSCF2168.jpg

踊り場で折り曲がって

まだまだ続きます。

このような

「コの字型階段」「いってこい階段」「U字型階段」…

とかいわれる形は、

建築の階段には普通に見られるのですが、

屋外の階段ではあまりありません。

公園ならではですね。

うん、貴重、貴重。
kxqxDSCF2158.jpg

登っていった上には、

遊具がある広場がありました。

公園はさらに上に続きます。

kxqxDSCF2159.jpg
こちらは、直線階段。

踊り場もなく、地味な形です。

その上は、

短い草生した階段がありました。

kxqxDSCF2160.jpg


全体写真をとらなかったので、

よくわかりませんけど、

短い階段のさらに上には

円弧を描いて左右に分かれる階段がありました。

文字で表せば、( ) という形。

そうじゃなければ「亜」とか「Φ」とかそんなイメージ。

もっとイメージしやすい例では、

シンデレラとかが、宮殿で降りてくるあの階段です。

草生した階段なので、

カボチャの魔法が解けた後ですね。

右側から登っていきます。
kxqxDSCF2161.jpg

ちなみに、この草、

手入れが悪いのではなくて、

手入れしないで済むように、

地被植物を植えているのだそうです。

頂上には、王子様のお部屋ではなくて

あずまやがありました。

さっき登らなかった方を降りていきます。
kxqxDSCF2167.jpg

踏面は、擬木柱です。

そうそう、

この公園、電車が目の前を通ります。

あ、でもマニアさん向けのサービスは、

もうしませんよ~。

踊り子号とか、走っていましたけど。
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
| ホーム |