FC2ブログ

実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
根岸の里の=5 ど根性でやんす
え? 町は夏休み??

ちなみに

チャコの営業所は、交代で3日間の夏休みをとることになっています。

C12bjj
3日間かぁ・・・。

小田原に帰って、お墓参りで終わっちゃいますね。

さてさて、

遅々として進まない、谷根千巡りのレポートです。

上野公園で無事に、Lioさんと保守テツさんと合流して、

上野台地を北上するチャコ&恋夏(レンゲ)ちゃんです。

パンダもモノレールも恐竜の骨も見ないで、

国立博物館の前を谷根千のほうに向かいます。

台地の上ですから、基本的にはまったいらなのですが、

そこは、水も滴る武蔵野&相模原台地。

緩やかな起伏があります。

本郷台地の上には東京大学があって

上野台地の上には東京芸術大学があります。

イラストのLioさん、受験したんですか?

「共通一次の勉強なんてしたくなかったから、

芸大はターゲットに入れてなかったし」

共通一次世代なんですね。

その、芸大の一部。喫茶店の入り口です。
cDSCF3978げいだい
微階段と小さな門がおしゃれ。

門に、なにも装飾がなくて、

デコレーションでなくてセンスで勝負する、っていう意志でしょうか?

そこまでのデザインじゃないですね。

こちらは、和洋折衷の風景。
cDSCF3981げいだい

「チャコさんは、芸大は考えていなかったの?」

「美術には興味が・・・」

「芸大には音楽科もあるよ」

うるさい! チャコが音痴だって知ってて行ってるんですか!

なんか、Lioさん、最近おじさまに似てきたような…。

こんなL字形の階段もありました。

石膏デッサンも発声練習も興味はありませんが

この階段はちょっと食指が動きますね。
cDSCF3982げいだい

さらに歩いていくと

いかにも「覗いてください」というような階段を発見。


cDSCF3983げいだい
ど根性ガエルの梅さんが南先生を…って

チャコは知識で知っているだけですが、

Lioさんと保守テツさんはリアルタイムでご存知のようです。
スポンサーサイト
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
根岸の里のわび住まい=4
1年の半分が終わってしまいました。チャコです。

C12bjj
天神様にお参りして

もう一つの階段を下りていきました。

cDSCF3968天神

そろそろ待ち合わせの時刻です。

本郷台地から

染川の低地を越えて

不忍池を望見して、

上野台に向かいます。
cDSCF3972公園口
これが、上野駅の大階段です。

上野台と下町低地の間の海食崖にへばりつくように

日本鉄道(今のJR東北本線)が線路を敷きました。

その、台地と線路の間の隙間に割り込んだ階段です。

っていうか、台地崖を削ったのかな?

◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
根岸の里のわび住まい=3
こんにちは! チャコです

派遣なのに、試用期間ってあるのかなあ

とりあえず、3か月が過ぎました。

3日、3年、3か月・・・。

人生にはまさかという坂が。

C12bjj
油断という階段も。

さて、れんげちゃんと湯島をぽたぽたします。

これ、前回紹介した野田線階段です。
cDSCF3956湯島坂の上の雲
「坂の上の雲って感じですね」

「令和になっても、雲は届かないんだね」

「背伸びしましょうよ、センパイ」

「自然体でいかない?」
cDSCF3957天神男坂

湯島天神に来ました。

男坂と女坂があるようです。

順路からいって、男坂から登ります。

男坂を登るときは、レンゲちゃんもチャコも

男装の麗人になりきって、気分はタカラジェンヌ♪

「おすかる!」「あんどれ!」

すみれのは~な~咲くころ
cDSCF3960天神男坂
男坂のてっぺん近くに、湧水らしき水を発見!

ジェンヌごっこを中断して、排水を観察する

20代前半の乙女です。

続いて、女坂を下ります。
cDSCF3962天神女坂
下りながら仰ぎ見れば、こんな感じでした。

「男坂、女坂って、体力の差だと思ってたんですけど

最近、恋夏(レンゲ)は、服装の違いなのかとも

思うようになりました」

「どういうこと」

「着物姿で上り下りできないのが、男坂で

着物OKなのか女坂かと」

それ、学会で発表したら?

cDSCF3963天神女坂
「でもでもでも、

地理学とはちょっと違う気がします」

「民俗学かなあ。文化人類学じゃないよね」

「社会学かもしれませんね」

「全国の男坂と女坂を調べるのだったら、

ギリで地理学かも」

「そのときは、チャコ先輩の従妹ちゃんに

着物姿で上り下りしてもらっていいですか」

いや、なっちゃんにコスプレそそのかすのは

やめといたほうがいいよ。

「どこかに

小股の切れ上がった女坂とかあれば

この仮説説得力でるんだけど」

「・・・」

春遅い湯島の天神様には

菫の花は咲いていなくて

ど根性タンポポが健気に咲いていました。

cDSCF3964天神女坂
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
延々とクルドサック
こんばんは! チャコです
4111.jpg


きょうは、階段をちょっとお休みして、クルドサックのお話です。

ちなみに、クルドサックというのは

ロータリー式になっている行き止まり道のことです。

https://www.athome.co.jp/contents/words/term_1886/

チャコのブログでも時々出てきますが、

地理学というよりは建築や都市工学でよく使われる言葉です。

で、

チャコのブログの常連訪問者さんから

「これ、クルドサック?」って。

場所は、座間市。

35.489720, 139.387902 と グーグルマップ検索欄に入れていただくと

出てきます。

さっきも書いたように、クルドサックはチャコの専門外ですので

こんなときはコネを使って…

まずは、おじさまから。

そうそう、チャコ、料理は苦手な食べ物からいただくタイプです。

「これはね、広義のクルドサックだね」

いえ、そのくらいはわかります。

「職場に行って、座間の住宅地図を見たら

クルドサックの先端部分は用水の管理用の空き地になっていて

クルドサックを意識した道じゃないようだよ」

職場の住宅地図って、コンプライアンスは大丈夫でしょうね、おじさま。

次に、テツのセンパイ。

「クルドサックって、日本の交通ではなじみがないんだぜ。

日本は駕籠の文化だから、

袋小路の行き詰まりでも、ひょいと前後を変えられるんだ。

天秤棒や大八車もそうだろ。

欧米は、馬車の文化だから

袋小路の行き詰まりに、転回場が必要になって

クルドサックが発達したのさ」

馬車や駕籠って、200年も前の話でしょ。

「それがそうでもないんだ。

鉄道だって、ヨーロッパの路面電車は運転台が片方しかなくて

終点ではロータリーを作って行き先を変えるんだ」

それならセンパイ、

日本の終着駅に頭端式がすくないのは、なぜですか?

「いや、それは、ああ、あのね

そうそう、この人のブログの名古屋の市電と神奈中ツインライナー、

あれは連接車(バスは連節車)といって、

江ノ電だとか、白いロマンスカーでも採用されて・・・」

あ、話題ずらしたでしょ!

次はイラストのLioさん。

「クルドサックって、円形だけじゃないんだよね。

円形のクルドサックは、地図で描きにくいけど

台形だとか十字型のクルドサックは、

定規で描けるから、わりと楽だよね。

でも、あんまりきれいじゃないから、

やっぱり、典型的なクルドサックは円形だよね。

っていうか、十字型のクルドサックは、

スイッチターンしなくちゃならないから、

クルドサックとはみとめたくないね。

座間のケースだと、

自動車がUターンできるか、切りかえしが必要かで

クルドかどうか、判断してみたらどうかなあ」

さいごは、レンゲちゃん♥

「わぁ、これ、もんじゃクルドですね」

なにそれ!?

「クルドサックって、円形、不定形、台形に分かれるんです」

ふむふむ。

「台形っていうのが、もんじゃ焼きのヘラみたいのが理想形です。

なので、台形クルドはもんじゃクルドなんです」

レンゲちゃんの造語かぁ。でも、かわいいよね。

「道路の両側に台形で広がっているのが

完璧な両もんじゃで、

片側車線だけ広げたのが、

不完全な片もんじゃです」

そこまで、事例を集めたの?

「真剣に都市計画すると、円形クルドになるんです。

でも、でも、でも

用地買収だとか、不定形地だとか、バブルの地上げだとかで

成り行き任せにできたクルドは、台形クルドが多いんです」

ふうん。

「なので、なので、なので、

円形クルドは、設計士さんの頭の中しかわかりませんが、

もんじゃクルドは、その成り行きを調べると

面白い事象がわかったりしますよ」

そうなんですね。

ということで、

座間の行き止まり道は、

「終端で自動車が転回できれば

広義のクルドサックといって差し支えない」

でいかがでしょうか?



◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
根岸の里のわび住まい=2 野田線型階段
こんにちは! チャコです。

雨だ雨だ土砂降りだ 土砂降り雨はおしゃべりだ・・・

C12bjj

大型連休中に、谷根千の階段紀行のプレリュードです。

恋夏(レンゲ)ちゃんと湯島のほうへぽたぽた歩きました。

ラブホの一角の階段です。
CDSCF3948湯島
0字形の手すりが、

前回の階段とともに、特徴的ですね。

仰ぎ見ればこんな感じです。

cDSCF3949湯島
前回紹介した、歌碑のような車止めも見えます。

踵を返して、湯島天神のほうに戻ります。

途中で見かけた階段です。
cDSCF3951湯島

本郷台地の台地崖の険しさを実感します。
cDSCF3953湯島
台地崖と書きましたが、

江戸湾の海食崖といってもいいのかもしれません。

武蔵野台地の末裔なので、河食崖と書きたいところですが、

不忍池に注ぐ藍染川は、これほどの侵食力があったかどうか…。

仰ぎ見れば、こんな感じ。
cDSCF3954湯島

途中で幅が広くなって

最後はぎゅっと狭くなっています。

権利関係が複雑な東京ならではの階段です。

ツチノコ階段、って名付けようとしたら、

テツのセンパイいわく「東武野田線階段でしょ」って。

知りません。
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
| ホーム | next >>