FC2ブログ

実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
クルドサック巡り=1 六会
こんばんは! チャコです!
CHAKO777j.jpg
実夏ちゃんがにっぽん丸の話を書くっていうから

しばらくパソコンを返していて使わなかったんですけど

ぜ~んぜん書かないじゃん。

じゃあ、チャコが使うよっ!

恋夏ちゃんに呼ばれて、クルドサックを見に行きました。


クルドサックって聞きなれない言葉ですね。

ロータリーといったほうがわかりやすいかもしれませんね。

ただ、ロータリーというと、交差点をイメージしますが、

クルドサックは、交差点というより行き止まりの道についているのが普通です。

行き止まりの道がループになっていたら、自動車は便利ですよね。

自動車は。

ただし、日本では防災上の観点からか、

あるいは、自動車教習所組合車庫入れ試験官部会の陰謀からか

クルドサックは長い間都市計画に組み込まれませんでした。

最近、ようやくクルドサックのある街が見られるようになりました。

そんな街区の一つが、六会日大前駅の西側にあります。

ccDマップ
矢印の先の、丸くなっている路地がクルドサックです。

ちなみに、オレンジ色の丸印は階段だよ!!!

西側の路地は、行き止まりの道で

さらに、真ん中に緑地まであって、いかにもクルドサックです。

ザ・クルドサックっていう感じ。

あら、クルドサックってフランス語?

ラ・クルドサックかしら? ル・クルドサックかしら?

女性名詞?? 男性名詞?

チャコの第二外国語は中国語なので…ごめんあそばせ。

東側のクルドサックは、道が集まっていてロータリーっぽくなっています。

クルドサックがどんななのかは、夏恋ちゃんに任せて、

チャコは、階段を見ます。

CC不動前第二公園DSCF1258
クルドサックの合間に見たのが

不動前第二公園のアプローチです。

地図には載っていませんが、

一番北側のオレンジ色の丸印の先の三角形の空き地が公園です。

かんたんな遊具と、ベンチ、それに水飲み場があります。

暑かったので、桜の木の下のベンチに夏恋ちゃんと腰掛けて

ゆんたくしました。

いつまでもこうしていたいよね……。

そのまま南に向かうと

ロータリー状のクルドサックがありました。

西側の太い道から入ってくる階段がこれです。
㏄DSCF1262
勾配が緩くて、

無理すれば坂道でもよいような階段ですが、

クルドサックに自動車を入れないためでしょうか? 階段にしています。

ちなみに、地図に描かれている西側の太い道は、まだ貫通していません。

なので、いまのところとても静かなクルドサックです。

そして、東側の階段がこれです。
CCDSCF1264.jpg
一転して、急勾配!!

相模原台地を引地川やその支流の不動川が削った

台地崖です。

一直線でなくて、曲がり角を作ったところもいいですね。

この距離と勾配を一直線で登るとなると、

心理的な抵抗感がありますからね。

ふり酒見ると、こんな感じ。

CCDSCF1267.jpg
曲がり角がいい味出していますね。

やはり、このくらいの長さの階段なら、曲がり角、欲しいですよね。

夏恋ちゃんは、地図の南東側「ディア」という文字の脇の

P形の路地も興味あったようです。

「どうする? 一緒に探検してみる? それとも

六会の駅で冷やし蕎麦一緒に食べる??」

怪しく誘惑したら、冷やし蕎麦に決まりました。

半分欠けのP形クルドサックは、

夏恋ちゃんの宿題になりました。

スポンサーサイト
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
誕生日
誕生日を迎えることができました。
これからもよろしくお願いします。

    尾花 実夏
    荻野 夏実
 
444scan-j33.jpg
旅する夏色・Cam・実・CAN | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
鳥観図の世界
ちょっと早いけど、なっちゃん、実夏ちゃん、お誕生日おめでとう!

なっちゃんが教えてくれた境川のゴム堰、

おじさまたちが見に行くっていうから、チャコ、遠慮しちゃいました。

doshigawaさんも来ていたようで、ごめんなさい。

おじさまたちが、何か失礼なことしてませんでしたか??


オフ会!っていっても

ブログのタイトルに書いてあるとおり、

チャコたち登場人物はフィクションの住人で、

こんな不完全な幻想第四次の銀河鉄道なので…。

with Range

ゴム堰が膨らんだ日、

代わりにチャコはレンゲちゃんとLioさんに誘われて

辻堂の浮世絵館に行きました。

999DSCF1228.jpg

広重や北斎を見に行ったのではなくて

江戸~昭和の鳥観図の展示が目的です。

チャコも、レンゲちゃんも地理女子としては見逃せない企画ですし、

「レンゲの地理トリップ」のイラストマップを描いているLioさんにしても見逃せません。

展示を見ると、なんとも細かい!!!

ここまで細かく描けるなら、実際の縮尺に忠実に描けばいいのに、

なんて思ったりもしましたが、その技術を持ちながら

あえて、デフォルメのイラストマップを描くのはさすがです。

あ、Lioさん、小田急のマップの前で打ちひしがれています。

ドローンや空撮技術がない時代だったからこそ

これだけの思い切ったデフォルメができるのでしょう。

もっとも、

三次元の地表を二次元の地図に投影する時点で

「形」が正確な地図はありえないので

(面積や方位や角度や距離が正確な地図はあります)

多面体図法の昔の5万分の一の地形図だって、

ユニバーサル横メルカの2・5万地形図だって

形はデフォルメされています。

正距方位図法のデフォルメに比べれば、鳥観図のデフォルメなんて

かわいいものかもしれません。

地図系の地理屋さんにはお勧めの展示会です。

会期が長いうえに、入場無料なのもうれしいですしね。

◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
いよいよ明日
尾花実夏です。

いよいよ明日、にっぽん丸が江ノ島に寄港します。

詳しい時刻はわかりませんが、

朝6時ごろには水平線の向こうからやってくるんじゃないかな?

小田急の始発なら間に合うよね。

毎年、江の島の西浜の沖に錨泊します。

引地川や境川の河口から見られると思います。

にっぽん丸の救命ボート(通船っていいます)を下ろして

片瀬漁港とピストン輸送をするようです。

出帆は午後5時ごろかな?

楽しみだね!

dcDSCF5653_201807211911317ad.jpg
実夏の☆大*航海日誌 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
いよいよ明後日です
尾花実夏です。

いよいよ明後日、にっぽん丸が江ノ島に寄港します。

今回のクルーズは仙台発着。

仙台~新宮~江の島~仙台 という航路です。

にっぽん丸の江ノ島寄港は

東日本大震災後の東電原発事故による風評被害に苦しんだ

藤沢の畜産農家さんが呼びかけて実現したものです。

放射能の被害が出ていないのに、

東日本産、というだけのことで売れなくなってしまった藤沢の畜産物が

本当はおいしくて、安全だということをアピールしようと

「美食の船」とよばれるにっぽん丸を呼んだんです。

それ以来、偶数年に江ノ島に寄港してくれています。

仙台発着ということは

東日本大震災で苦しんだお客さんも乗っているはずです。

感慨深いクルーズですね。

nnDSCF2616.jpg
nnDSCF2642.jpg
nnDSCF2707.jpg
実夏の☆大*航海日誌 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
| ホーム | next >>