FC2ブログ

実夏の あっ地こっ馳 紀行

ご注意;★このブログの登場人物はフィクションです。
落穂ひろい 長後の未階段
社会人3週間目のチャコです。

河東紗子、という名前を電話で伝えるのが大変で、

サンズイの河に、東西南北の東です

なんていっても、

川西なんて平気で書いてくるひともいます。

BG

休日の定期券を有効利用しようと、

長後あたりをぽたぽた歩きました。

長後公民館の階段もあったのですが、

ちょっと、食指が動かなくて…。

ちなみに、公民館自体は旧・殖産学校の跡地に建てられたそうです。

殖産っていう単語が、

若かりし日本を象徴していますね。

坂の上の雲をつかむには、まず、

階段を登らなくちゃ。

そのちょっと先に

こんな、階段の未完成品がありました。

長後1

石碑は、道路の整備完成か何かの石碑です。

全く興味なし、の、チャコです。

ふりさけみれば、こんな感じ。

長後2
ブロックを2つ並べただけですが、

こんな、プリミティブな階段も、ステキです。
スポンサーサイト
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
湘南台からこんにちは
こんにちは! チャコです。

社会人になったのを機会に、眼鏡、変えました。
qscan-004bb.jpg

社会人っていうのは、まあ、まったく、

理不尽なものですね。

2週間で、

学生時代のアルバイトとは違ったいろいろなことがありました。

なっちゃんや実夏ちゃんや恋夏(レンゲ)ちゃんも

こんな社会に巣立っていくのかなぁ。

湘南台の公園です。
qDSCF3439.jpg
階段はありますが、以前紹介したはずなので、パス。

そのまま、ぷらぷらと藤沢本町に行きました。

以前、藤沢高校だった土地は、すっかり宅地造成が進んで

こんな階段もできていました。

qDSCF3388.jpg
階段の上のツイン建物が

なにか、そそられますね。

手打ちそば屋さんとかありそうな雰囲気です。

それから、藤沢本町の追加がもうひとつ。

トレアージュ白旗の裏口です。

ダイエーの横から、裏に出る道があります。

裏へ出る道は、もしかすると暗渠系のみちでしょうか?

地表面が低くなっていますので、

トレアージュの敷地から階段で降りることになります。
qDSCF3390.jpg

そうそう、トレアージュって、

小ぶりのショッピングモールです。

本屋さんが入っているのがステキですけど、

もしや万一、そのおかげで、

駅前の本屋さんが閉店したのだったら、やだな。

(多分、ちがうでしょうけど)
qDSCF3389.jpg

写真に写っている扉は、夜になると閉まります。

ショッピングモールですから、まあ、当然です。

金網の横の手すりが、なんとなく、

トマソン物件っぽいですね。

たぶん、手すりが先にできて、

手すりだけでは不安だといわれて、金網を作ったのだと思いますが、

違うかな?



明日もお仕事かぁ・・・・。
◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
OisO ~最終章 チャコ&恋夏が認定する湘南発祥の地は!!
こんにちは!

社会人になってしまった、チャコです。

営業所の庶務を担当しています。

さてさて、学生時代の名残、

恋夏(レンゲ)ちゃんと歩いた大磯の最終回です。

チャコと恋夏ちゃんが認定する湘南発祥の地は!?
scan-004jj.jpg

大磯港から大磯駅のほうに戻ります。

途中にあった駐車場系の階段です。
66DSCF2522.jpg
手前の道路は、

Oリングの溝があるコンクリート舗装の道路です。

チャコは「タコさん坂道」とかわいく、ぶりぶりぶりっこして呼んでいます。

かなりの急勾配、ということです。

徒歩10分の間で、高低差は20メートルです。うんうん。

大磯駅まで、淡々と20メートル登るのではなくて、

途中でピークを越えます。

そこに登れるところが、愛宕神社です。

こちらが、ふりさけ見た表参道。

海に向かっています。
66DSCF2540.jpg

こちらは、裏参道。
66DSCF2538.jpg

上のほうが曲がっているJ段です。
66DSCF2542.jpg

コンクリート製の欄干が

ちょっと、大磯の威厳を感じます。
66DSCF2541.jpg

さてさて、

チャコは恋夏ちゃんと大磯駅前に戻ってきました。

ちなみに、

大磯に建っている観光案内のロゴは、
99DSCF2517.jpg
なんとなく「歴史と大味の磯、散歩道」って読めちゃいます。

駅前の喫茶店で、遅めのランチを食べながら

恋夏ちゃんと反省会です。

決して大味ではありませんでした。

反省会のテーマは、湘南発祥の地はどこ!?

大磯駅前には、鴫立庵にも書かれていたという

著盡湘南清絶地(ああ、しょうなんせいぜつのち)の石碑があります。
rrDSCF2545.jpg

「でも、でも、でも、

その、湘南の台地とか砂丘とかって、どこから来たんです?」

夏恋ちゃんが、コーヒーを飲みながら潤んだ目ではなします。

「このあたりの礫って、

丹沢の岩や小石や砂が、相模川や酒匂川に乗って運ばれて

相模湾岸に堆積したんだよね」

「では、では、では、チャコ先輩、

丹沢や箱根はどこから来たかというと・・・」

「フィリピン海プレートに乗って、はるばると南の海から来たんだよね。

いま、ちょうど伊豆半島が本州にぶつかってるでしょ」

「その前に箱根がぶつかって、ついでに富士山ができたりして、

そのそのその前には、丹沢がぶつかって、

相模川とか、道志川とかをつくったんですよね」

「そうそう。つまり、湘南の丘や海岸は

はるか南の海から生まれたんだよ」

「はるか南って、具体的にどこなんです?」

「平塚市博物館のブックレットによれば…」

…このあたりです。

小笠原諸島rrDSCF7006

たまたま、チャコはおととしの秋、

湘南が生まれたあたりに行って、写真をとっていました。

「素敵です!!! 

そこが、地質学的に湘南発祥の地なんですね」

「そうだよ。明治や江戸時代なんて、まだまだ若いよ、青いよ」

チャコと恋夏ちゃんが勝手に認定した湘南発祥の地は

大磯から1000キロ南、

小笠原の沖の海です。


【参考】
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/press/pre20100327.html


◆×◇ チャコの階段物語 ◇×◆ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
プロフ画像、更新しました
実夏です。

プロフィルの画像を更新しました。

Lioさんに、チャコ従姉ちゃんのOL想像図を描いてもらいました。

チャコ従姉ちゃんは、Lioさんに描いてもらおうと、

スペアの制服をもってきて、

夏実お姉ちゃんといっしょに、ファッションショーを繰り広げていましたが、

Lioさんが

「さすがに、そのままの制服を描いたら

コンプライアンス上、まずいでしょ」っていって

イメージ図にしました。

隣に描かれているあたしは、リクルートスーツです。

その右の夏実お姉ちゃんは、なんか、サンタさんみたい。

そして、恋夏ちゃんもオマケで描いてくれましたけど、

「あ、カチュ忘れた」って。

scan-001jjjjjjjjjjj.jpg

4月からも、

令和になっても、

このブログ、よろしくお願いします。
実夏の☆大*航海日誌 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
平成最後の??
こんばんは! ブログの主の尾花実夏です。

年度末ですから、近況報告します。
87DSCF9018.jpg
あたしも、夏実お姉ちゃんも、

4月から、いよいよ大学4年生です。

ふたりとも内々定をもらっています。

ですが、もう少し就活、チャレンジしようと思っています。

3月になって、

チャコ従姉ちゃんも我が家に転がり込んできました。

もともと、

あたしと夏実お姉ちゃん(腹違いの双子です)が

来年社会人になったら、ママたちに「家賃」を入れることになっていました。

ひとり5万円。食事つき。

そんな話をしていたとき、夏実お姉ちゃんが悪知恵をいれました。

「ねえねえ、弥生ママとさくらママ…」

「なあに? 出世払いなら認めないわよ」

「違うの。チャコ従姉ちゃんも住まわせていい?」

「「「え~!!」」」

あたしたち3人が驚きました。

「いったい、どうして?」

「そのかわり、家賃はひとり4万円にして?」

つまり、チャコ従姉ちゃんを加えることで、

あたしたちは1万円やすくなり、

ママたちは2万円余分にも手にすることができるのです。

さいわい、

さくらママが画廊のひとと打ち合わせしている部屋がありますから、

チャコ従姉ちゃんの部屋にすることになりました。

そのチャコ従姉ちゃんですが、

運転免許はなんとかもらえたみたいです。

二俣川の運転免許試験場にいったときは、

緊張で、階段どころではなかったようです。

家に帰って落ち着いてから、

「せっかく三浦丘陵と相模原台地の境にいったのに」と

悔しがっていました。

4月からは、湘南台にある会社に通います。

制服があるようです。

どんな制服か、夏実お姉ちゃんは

会社向けの制服のカタログを(そんなカタログ、あるんですね)

取り寄せて、にやにやしています。

明日は

チャコ従姉ちゃんが初出勤です。

おんな5人の中、定時出勤するのはまだ1人だけですが、

来年、あたしたちが就職するとなると、

朝の洗面所、どうなっちゃうんでしょう??




実夏の☆大*航海日誌 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |permalink
| ホーム | next >>